プロフィール 平野   学(ひらのまなぶ)

病院の精神科や大学の学生相談室(慶応義塾大学他)をはじめとする臨床現場で30余年、臨床心理士として働いてきた経験をもとに、カルト問題のみならず、個人面接(箱庭や夢分析を含む)、親面接、心理検査、大学院生や専門職等へのサポート(スーパーヴィジョンやコンサルテーション、教育分析等)も行います。遠隔地等の方々のためには、オンライン相談(ZOOM)や電話相談にも応じています。


略歴

1954年 富山県高岡市生まれ

1981年 慶応義塾大学大学院修士課程修了後、同 医学部精神神経科助手

(尚、慈雲堂病院、東京電力病院、陽和病院の各精神科にも非常勤勤務、2015年まで)

1986年より 昭和大学学生相談室(旗の台)カウンセラー、兼任講師(2019年まで)

1989年 日本臨床心理士資格認定協会・臨床心理士(1370号)

1990年より 駒澤大学学生相談室カウンセラー(2002年まで)

1990年より 慶応義塾大学学生相談室カウンセラー(三田、日吉、矢上、芝、SFCの各キャンパス)

1994年より 同 文学部非常勤講師「カウンセリング概論、同 ワークショップ」担当 

1995年より 駒澤大学仏教学部非常勤講師(2004年まで)

1998年より 慶応義塾大学総合政策学部・環境情報学部非常勤講師(2008年まで)

2019年 慶応義塾大学定年退職 引き続き文学部非常勤講師2020年まで           

 同   国家資格・公認心理師(1773号)

 同   大塚に「平野カウンセリングオフィス」を開設

 同   東京都公立学校スクールカウンセラー(非常勤)

 同   筑波大学学生相談室カウンセラー(非常勤)

臨床研修歴

最初は精神分析的立場からスーパーヴィジョンや研修を受けた後、分析心理学的立場から箱庭や夢による教育分析を受ける。その後は、日本臨床心理士会や日本心理臨床学会、日本学生相談学会、日本心理研修センター等での各種研修を受けつつ、現在に至る。

所属学会・団体等

1990年代より 日本臨床心理士会理事・常務理事・事務局長・専務理事・副会長の他、日本心理臨床学会理事、日本学生相談学会理事・常任理事等を歴任。

現在は下記の通り。

・日本臨床心理士会 (理事) https://www.jsccp.jp/

・日本公認心理師協会(社員)   https://www.jacpp.or.jp/

・東京公認心理師協会(会員) http://www.tsccp.jp/

・日本心理臨床学会 (監事) https://www.ajcp.info/

・日本学生相談学会 (会員)   http://www.gakuseisodan.com/

・日本脱カルト協会 (理事)   http://www.jscpr.org/

・カルト対策学校ネットワーク(運営委員) http://www.jscpr.org/school_network

・オープンダイアローグネットワークジャパンhttps://www.opendialogue.jp/         

・NPO法人ほっとすぺーす(理事) http://npo-hotspace.net/  他

ここ数年の著作他(論文の一部や事典、学会発表、書評等は省略)

〈一般〉

・乾・平野編『臨床心理士になるには』2012年、ぺりかん社

・分担執筆:日本臨床心理士会編『臨床心理士の基礎研修』2009年、創元社

・分担執筆:吉川・杉浦・西田編『大学生のリスク・マネジメント』2013年 ナカニシヤ出版

・執筆協力:上田晶美『働くための「話す・聞く」』2013年、ぺりかん社 他

〈カルト関連〉

・分担執筆:櫻井・大畑編『大学のカルト対策』2012年、北海道大学出版会

・分担執筆:日本脱カルト協会編『カルトからの脱会と回復のための手引き』(改訂版)2014年、遠見書房

・執筆:「日本のカルト対策:信者および家族へのカウンセリングの展開と課題」2016年、日本脱カルト協会会報22号所収

・執筆:「カルトからの脱会、その支援のために」2017年、日本心理臨床学会・心理臨床の広場17号所収、創元社 

・執筆:「カルト問題におけるカウンセリングの今後に向けて:学生相談とカウンセリングオフィスにおける相談をふまえて」2019年、日本脱カルト協会会報25号所収   他

講演

日本学生相談学会、日本学生支援機構、日本臨床心理士会、日本心理臨床学会、日本脱カルト協会、全国霊感商法対策弁護士連絡会、各大学、寺院、教会等にて、多数